1: 2017/12/13(水) 12:53:14.83 ID:CAP_USER9
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14022553

場合によっては死にも至ることがあるヘビの毒を、なんと25年間にもわたって自分の体に注射しつづけることで、毒に対する抗体を体の中で作ってきた人物がいます。そしてこの度、この男性の体から骨髄が取り出され、35種類以上の抗体が取り出されています。

まさに常軌を逸した行動を続けてきたのは、アメリカに住むスティーブ・ラドウィン氏です。49歳の男性であるラドウィン氏は、パンクロックバンドでシンガーをつとめているとのこと。

25年前に毒の注射を始めたというラドウィン氏は少年の頃からヘビが大好きだったそうですが、9歳の時に訪れたフロリダのヘビ園で、ある人物にであったことがきっかけでヘビの毒を自分に注射することに関心を持ちました。

その人物とは、西洋人で初めてヘビの毒を自分に注射し、抗体を作る試みを行ったとされるビル・ハースト氏です。無謀すぎるハースト氏の試みでしたが、あろうことかラドウィン氏も同じように毒を注射して抗体を作ることに憧れに近い感情を抱いたそうです。

やがてラドウィン氏は実際にヘビの毒の注射を開始し、それ以来25年間にもわたって週に一度の注射を続けてきました。自宅でヘビを飼い、定期的に採取した毒を最初は水で薄めたものを注射しはじめましたが、徐々に濃度を高くして体を毒に慣らし続けることで、体内で毒への抗体を作ってきたとのこと。ラドウィン氏の自宅では何種類ものヘビが飼われており、餌やりなどの世話をしながらラドウィン氏は毒を小さな容器で採取。その様子は、VICEが公開した以下のムービーに収められています。

http://youtube.com/watch?t=1s&v=8q_m-rDUNw0



このムービーを目にした一人が、コペンハーゲン大学のブライアン・ローゼ博士でした。世界でもほとんど類を見ない試みに学術的な価値を見いだしたローゼ氏は、ラドウィン氏に接触。その後、ラドウィン氏をコペンハーゲンへと招き、まずは血液の採取を行いました。

no title


>>2以降に続きます

2: 2017/12/13(水) 12:53:42.09 ID:CAP_USER9
>>1
続き

血液を採取したローゼ氏は、そこに含まれる抗体を取り出すことを試みました。しかし、抗体が作られる際に必要なB細胞が含まれていないことを確認したローゼ氏と研究チームは次の一手として、ラドウィン氏の体から骨髄の一部を取り出すことを提案しました。

ラドウィン氏もこの提案には及び腰だったようで、答えを出すまでに数日かかったそうです。しかしラドウィン氏の勇気ある決断により、提案どおりに骨髄が採取され、B細胞の取り出しとDNAおよびRNAの分離に成功しました。そしてその後、2年に及ぶ作業の結果、ラドウィン氏が持っていた抗体のコレクション「ラドウィン・ライブラリー」が完成したというわけです。

通常は、ヘビの毒に対する抗体を作るためには倫理的な理由でヒトではなくウマに毒を注射するという方法が採られます。しかし、そのようにして作られた抗体または血清に対し、人体が拒絶反応を示すことがあり、解毒のために注射した血清によって命を落とすケースも発生しているとのこと。しかし、同じヒトの体でつくられた抗体ならば悪影響は非常に少ないとのことで、実際にそのようにして作られた血清で命が救われた例もあるとラドウィン氏は語っています。

ローゼ氏はラドウィン氏の行為について「彼がやったこと、そして死なずに済んだことはほとんど奇跡的なことです。コペンハーゲン大学は完全に、このようなことを他の人が行うことを推奨しません」と語り、その価値は認めつつも、ラドウィン氏の行為が並外れて無謀なものだったことを指摘して人々に注意を促しています。

今後はまず、採取された抗体をもとに即死性の強い毒に対する血清を作り、その後はより一般的な用途に用いられる解毒剤の開発が進められる予定とのこと。ちなみにラドウィン氏は「体は至って健康で、年齢よりも10歳以上若く見られることもある」とのことです。

以上です

439: 2017/12/13(水) 14:00:57.14 ID:m/NvvbGg0
>>2
女が飛び付くのはこのラスト一文だな

594: 2017/12/13(水) 14:41:46.12 ID:KIA8h9nh0
>>2
すげー
この人にノーベル医学賞をあげた方がいいんじゃね
マジな話
命がけで人類の医学に貢献した偉人

4: 2017/12/13(水) 12:54:21.26 ID:v58uZGjC0
ヘビーなロッカーだぜ

113: 2017/12/13(水) 13:11:42.09 ID:327Kx6ie0
>>4
クスッときた

279: 2017/12/13(水) 13:32:31.37 ID:MU44nh4H0
>>113
そこはクスリとしたじゃないのか

8: 2017/12/13(水) 12:56:26.12 ID:DRWjfy6I0
少量の毒からだんだんと増やしていったのかな

9: 2017/12/13(水) 12:56:37.30 ID:TTg69y7e0
サイコパスの科学者がいるとすぐに人間でこういう実験が出来るからすごく役に立つんだよね

483: 2017/12/13(水) 14:13:38.12 ID:5k4vwtHW0
>>9
死刑囚とかの身体使えれば医学は飛躍的に発達するだろうけどね
まあ、抵抗が凄いだろうな

12: 2017/12/13(水) 12:56:58.08 ID:OuFC56B50
ゆでたまごの漫画にありそうなエピソード

13: 2017/12/13(水) 12:56:58.31 ID:JV/YctpA0
本物のパンク魂を見た

14: 2017/12/13(水) 12:56:58.88 ID:UhqZPowY0
沖縄でハブ駆除のお仕事も出来るじゃない

16: 2017/12/13(水) 12:57:27.86 ID:2B3dWqRA0
忍者か

20: 2017/12/13(水) 12:57:50.71 ID:Ald28fiz0
ハンターハンターのキルアみたいな体質でクソワラタ

25: 2017/12/13(水) 12:58:29.92 ID:BzPUtpde0
よく毒でパンクしなかったな

34: 2017/12/13(水) 12:59:47.91 ID:RLunVAAa0
意外にこぎれいな風貌でビックリした

35: 2017/12/13(水) 12:59:53.88 ID:bMDOkcss0
根性あり過ぎ

36: 2017/12/13(水) 13:00:05.58 ID:dioZ9kAu0
凄いな

47: 2017/12/13(水) 13:01:18.71 ID:Woj1LIc30
クローンを作って培養しよう

49: 2017/12/13(水) 13:01:51.91 ID:Ald28fiz0
> やがてラドウィン氏は実際にヘビの毒の注射を開始し、それ以来25年間にもわたって週に一度の注射を続けてきました。
> 自宅でヘビを飼い、定期的に採取した毒を最初は水で薄めたものを注射しはじめましたが、徐々に濃度を高くして体を毒に慣らし続けることで、体内で毒への抗体を作ってきたとのこと。

希釈のやり方が悪かったら死んでるし
何種類もの蛇の毒を打ち続ける根性に草

178: 2017/12/13(水) 13:19:59.92 ID:Vr3n/AE+0
>>49
なんでこの人生き残れたんだと真面目に考えるレベル。

51: 2017/12/13(水) 13:02:15.88 ID:8V3IvBuI0
白人が強力な文明を作ってきたことがよくわかる話だな
この道を行けばどうなるものか

100: 2017/12/13(水) 13:09:35.20 ID:VS6E31v40
>>51
恐怖遺伝子持ってない奴が多いからな
逸脱したマジキチが世界を救うんだな

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513137194/