manzai

1 2021/10/27(水) 23:41:59.24 ID:CAP_USER9
第7世代ブームは終わった? 千鳥、かまいたち、チョコプラ「お笑い第6世代」を重用する“テレビ局の思惑”


2~3年前からお笑い界では空前の「第7世代ブーム」が起こっていた。
霜降り明星、ハナコ、四千頭身などの「第7世代」と呼ばれる20代中心の若い芸人たちが注目され、さまざまなメディアで取り上げられるという現象が起こっていた。

『第7キングダム』『お笑いG7サミット』『7G』のように、「第7世代」を意味する言葉を掲げた番組も多数放送された。
年々高齢化が進んでいると言われていたお笑い界で、久しぶりに若い世代が注目される時代が来ていた。


だが、2021年に入ったあたりから、あちこちで第7世代ブームの終焉がささやかれるようになった。
第7世代という言葉自体をあまり聞かなくなり、この世代の芸人が出る機会も徐々に減ってきている。

一方、第7世代に代わって台頭してきたのが、彼らよりも少し上の世代にあたる「第6世代」の芸人たちである。
千鳥、かまいたち、チョコレートプラネットといった面々が、冠番組を増やして勢いに乗っている。

麒麟の川島明も朝の帯番組『ラヴィット!』のMCに抜擢されたし、『M-1グランプリ』出演をきっかけにしてマヂカルラブリー、ニューヨーク、見取り図なども活躍している。これらの芸人は全員、第6世代に該当する。

今では「最近調子がいい」と言われる芸人の大半が第6世代という状況になっている。
ここまで一気に第7世代と第6世代の形勢が逆転したのはなぜなのか。


「第7世代ブーム」で何が変わったのか?

その背景にあるのは、テレビ局の戦略の変化である。少し前までは、テレビ局は高齢者を主なターゲットにして番組作りを進めていた。
高齢者の方が母数が多く、視聴率を取りやすいと考えられていたからだ。

だが、高齢者は若者や現役世代に比べると購買意欲が低く、CMの広告効果が期待できない。そのため、数年前から民放各局は若者を取り込む方針に切り替えた。
全体の視聴者の割合を示す世帯視聴率よりも、若い世代中心のコア視聴率が重視されるようになってきた。


そこに第7世代ブームが来た。20代中心の第7世代の芸人は、テレビ局が求めている視聴者層と年齢が近い。
同世代の芸人が出ていれば若者にも共感されるのではないかという期待もあって、第7世代の芸人は番組に積極的に起用されるようになった。

実際、ゴールデンタイムやプライムタイムといった時間帯でも高齢者向けの健康番組やグルメ番組が減り、『有吉の壁』や『千鳥のクセがスゴいネタGP』など、若者向けのお笑い番組が増えた。お笑いファンにとっては願ってもない状況が訪れている。


そして「第6世代の逆襲」が始まった

そうやってお笑い番組が増えていく中で、それぞれの番組で芸人たちの実力がより厳しく評価されるようになった。
そこで競争を勝ち抜いて面白いと認められた芸人の多くは、経験が豊富で技術がある第6世代の芸人たちだった。

ブームの全盛期には、第7世代の芸人がたくさん出ている番組もあったが、そのほとんどは長続きしなかった。
現時点で第7世代を積極的に起用している番組というと、フジテレビの『新しいカギ』ぐらいだ。ここでもレギュラー陣のうち、霜降り明星、ハナコ、丸山礼は第7世代だが、チョコレートプラネットは第6世代にあたる。


そもそも、若い視聴者は自分と同じ世代の芸人が出ているからといって、その番組を見るとは限らない。
あくまでも面白いと思うから見るだけだ。

テレビ局の側も、徐々にそのことに気付き、若者にもその上の世代にも刺さる面白い芸人を優先的に起用するようになった。
そこに該当する芸人には第6世代が多かったため、「第6世代の逆襲」と呼べるような事態が起こっている。


“狭間の世代”が味わってきた苦難

第6世代の芸人は「狭間の世代」にあたる。彼らが子供の頃に見てきた『ダウンタウンのごっつええ感じ』や『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』などのバラエティ番組は、まだまだ荒削りで過激なものが多かった。
そこでは上の世代の芸人が元気に暴れ回っていた。

ところが、いざ彼らがお笑い界に入ってみると、コンプライアンスが厳しくなっていて、過激なことができなくなっていた。
しかも、テレビは高齢者をターゲットにするようになっていて、なかなかお笑い志向の強い番組を作ることはできなくなっていた。


https://bunshun.jp/articles/-/49031?page=1

>>2以降に続く




3 2021/10/27(水) 23:42:52.32 ID:UpqyvuoI0
始まってもいなかったのに
終わった?とは


4 2021/10/27(水) 23:43:48.25 ID:jT7jzzqf0
完全にオワタ


5 2021/10/27(水) 23:43:57.63 ID:MX9mDe2R0
吉本興業がオワコン


6 2021/10/27(水) 23:43:59.21 ID:FjgzlZ8l0
幼稚すぎてね


7 2021/10/27(水) 23:44:12.73 ID:Wc5Xw4Qj0
かまいたち千鳥がいればいい


8 2021/10/27(水) 23:44:21.99 ID:RfIYH6lo0
そもそもブームなんてあったの?


9 2021/10/27(水) 23:44:38.19 ID:2i3LEQLN0
いや、第6世代より前の世代の方が面白いわ


10 2021/10/27(水) 23:44:45.26 ID:ZUEukB9h0
せやな


12 2021/10/27(水) 23:44:51.58 ID:tRcavAfC0
第1から第7までの代表的芸人を整理してくれ


13 2021/10/27(水) 23:45:11.85 ID:25yP992s0
やっば金持ってる自慢はよくないね
あれでイメージは本当に悪くなった


14 2021/10/27(水) 23:45:18.62 ID:7WSZe0Tf0
俺が若い頃はたけしさんまタモリドリフなどが全盛だったがみんなおじさん

でも同世代の若いのなんか見る気もなかった


15 2021/10/27(水) 23:45:26.29 ID:sbgA19JP0
千鳥、かまいたち、チョコプラ


みんな吉本
結局、吉本大勝利!


16 2021/10/27(水) 23:45:38.15 ID:08AQOzwE0
ようするに「四千頭身とEXITが思いのほかつまらなかった」というだけのこと


17 2021/10/27(水) 23:45:50.95 ID:PfgOjPwI0
第8世代に期待しようや


18 2021/10/27(水) 23:46:04.82 ID:MFcjU+ak0
チョコプラつまらん




19 2021/10/27(水) 23:46:17.97 ID:/N4fVrnz0
ブーム?


20 2021/10/27(水) 23:46:26.15 ID:r1opXb3q0
とにかくつまらない


21 2021/10/27(水) 23:46:37.30 ID:nrD9U0VX0
短い春だったなw


22 2021/10/27(水) 23:47:01.16 ID:KvuUOwRv0
第6?このメンツのほうが確かに面白い


23 2021/10/27(水) 23:47:35.03 ID:ES/93c720
誰も知らない


25 2021/10/27(水) 23:48:00.18 ID:TJKE8LqV0
第5世代最強説あるよ


26 2021/10/27(水) 23:48:03.51 ID:I2Gvk6da0
吉本の芸人ハズレが増えたな
ひな壇ならまあまあの連中ばっか


28 2021/10/27(水) 23:48:49.47 ID:ToWdtEZC0
昔ならお笑いやコント番組とかにそれぞれの芸能事務所から芸人を集めてセット売りしてたけど
そういう番組枠が無くなったから苦肉の策で「世代」でセット売りしてただけちゃうの


30 2021/10/27(水) 23:49:22.02 ID:xJf67wP00
霜降りは実力ある


31 2021/10/27(水) 23:49:24.18 ID:Sid8joAc0
急に「お笑い第7世代」って言葉が出てきたけど、
別にブームもないし、推されてたのほぼほぼ面白くない奴らだったろ。

どこぞの営業が「こいつら売れてます感」出すために
こんな言葉使い始めただけじゃね?って思ってる


35 2021/10/27(水) 23:50:39.90 ID:7ULI6HzE0
霜降りはYouTubeが面白いからそのうち時代が来る


37 2021/10/27(水) 23:50:54.84 ID:2i3LEQLN0
なんかチョコプラは好きになれない


41 2021/10/27(水) 23:51:13.05 ID:tiNxYsHY0
世代でブームとか意味不明だっただけ


44 2021/10/27(水) 23:51:48.20 ID:WTQVF7kd0
COWCOWは何世代かの?


49 2021/10/27(水) 23:53:57.16 ID:5m5o5O/a0
霜降りはなんか好きになれない


51 2021/10/27(水) 23:54:30.00 ID:f+Ec3uB90
吉本もまだまだ安泰だな



引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635345719/